家ができるまで

ここでは、工事の着工からアフターメンテナンスまでの「家ができるまで」の流れを、
簡単に紹介させていただきます。
また、建築請負契約済みのお客様は、どの部分でご自身の参加ポイントがあるのかを
ご参考にしていただけます。

地盤などの各種調査〜地鎮


(上記写真は柱状改良工事後のものです。)

家を建てる土地が、建築後の家屋や内部具材の総重量に耐え得るかどうかの検査を行います。検査の結果、軟弱な土地は地盤改良工事を行います。また、正常な土地の場合は、そのまま工事の無事を祈願する地鎮祭を執り行います。地鎮祭は通常、施主であるお客様をはじめ、工事関係者が一同に出席をします。地鎮祭の方式、規模、吉日などはお客様、当社、祝詞を上げて下さる神主さんとの調整で決めることができます。(地鎮祭はお客様の任意です。費用はおよそ、4〜6万円必要です。)

基礎工事

次に、家の土台となる基礎を造り上げる工事が始まります。文字通り、家づくりの中でも「基礎」となる重要な行程です。整地された土地にコンクリートで家の形に沿ってつくられ、地面からの湿気やカビ、防虫などの対策がとられていきます。また、コンクリートが入る前の鉄筋チェックも行います。(ここでは、外部の検査機関(JIO)によって調査を行います。)

上棟〜上棟式

基礎の上に柱や床に渡す木材などを組み上げていきます。ひととおり組みあがると、屋根の下地となる棟木を渡して「上棟」となります。このあと上棟式になりますが、地鎮祭同様お客様を含めた工事関係者で行うのが通例のようです。上棟式は現場の職人さんと、より深い親睦を深めるまたとない機会ですので、是非参加しましょう。(この上棟式もお客様の任意です。費用はおよそ、1〜5万円必要です。)

外装工事・内部・配線・配管工事

屋根工事終了後、外内装の工事に入ります。外装と内部工事はほぼ同時に進む為、早い段階で家の全容が見えてくるでしょう。配管や配線もこのときに施工されていきます。完成後は壁内部に隠れてしまいますので、コンセントやスイッチの位置など、入居後お客様の考えている生活レイアウトに重ねて、再度確認してみましょう。

内装〜竣工前検査

システムキッチン、バスルーム、トイレ、洗面台、設備の設置や、クロスなどの仕上げに取り掛かります。この時点でほぼ完成の一歩手前まで来ていますが、お客様が入居後問題なく快適に過ごすことができるよう、竣工前に塗ムラ、キズ、欠品、建付けの具合など、各所厳しいチェックが入ります。同所にてお客様の立会いも可能です。

竣工〜お引渡

厳しい検査の後、お客様へ「家の鍵」と「引渡証明書」をお渡しいたします。この2つの受領により、家の所有権が施主であるお客様のものとなります。お引渡後の引越しの際の各種手続きや、ご近所へのご挨拶なども忘れないようにしましょう。これら引越しの際必要な内容は、事前にチェックしておくと良いでしょう。

アフターメンテナンス

アドバンスホームではアフターメンテナンスの充実にも注力しております。お引渡しから一年半後、お客様が快適な生活を送られているかどうかのアンケートや、家屋の各所再検査も実施しており、入居後の生活の中で何らかの疑問や不明な点が発生した場合、当社ではお客様からのご相談を随時承っております。

  • ページ先頭へ

不動産購入の流れ

家づくりについて

カンタン会員登録

フォーシステムカンパニー

営業時間 AM 9時〜PM 8時
 …定休日